デメテル株式会社は、テレビ通販をはじめ、新聞広告、カタログなど、多数のメディアで卸売業を展開しております。
2004年からは創業以来20年間の間に培った経験をもとに、インターネット卸しサイトである「卸のまいど」を展開しております。
 また、2006年からは貿易、OEM事業の発信基地となる中国事務所を浙江省義烏市に設立いたしました。これにより、迅速な商品開発、より細やかなサービスの対応が可能となりました。
 デメテル株式会社はこれからも、皆様に身近でいながら、よりグローバルな企業を目指して邁進してまいります。

 簡単に小資本で参加できるインターネットショップの普及により、メーカー、問屋、小売店の関係が崩れつつあります。最近では、ほとんどのメーカーや問屋が、自身のホームページで小売を行なっております。直接の販売であれば、1つの商品から得られる利益は多いものかもしれません。しかし、それでは今まで販売していただき、お世話になってきた小売店との“競合”を招いてしまいます。
 このような関係は好ましい事でしょうか?メーカーや問屋が簡単に小売に参加でき、小売店と競合したとしても、それが価格競争になれば、結果は見えています。
最初は、いつもより安い価格のため消費者から支持され、売上げは一時的に増えることでしょう。しかし、その商品の値崩れ価格が一般に周知されれば、その価格は安いというイメ ージが失われます。そうなれば、もういくら利益を放棄し価格を下げても商品は売れなくなってしまいます。
 こうした現状が、日本の販売形態を崩壊させている原因といえるでしょう。果たしてそれが正しい企業戦略なのでしょうか?
 以上の理由から、当社では小売は今までも、これからも、一切いたしません。それはお取引先様を大切に思う当社のこだわりです。